itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">

ベンチプレスで最適なバーの握り方とは【優しく握りましょう】

ベンチプレスのテクニック

こんにちは!キクティーです!今回は


ベンチプレスで最適なバーの握り方


について解説していきます。

本記事の内容

・ベンチプレスで最適なバーの握り方とは?
・この握り方で【胸に効かせやすくなる】
・この握り方で【手〜手首の痛みが軽減する】
・この握り方で【肩の痛みが軽減する】
・まとめ


本記事を書いている僕はベンチプレス歴8年で大会も経験。


理学療法士として働いており、カラダに関する専門的な知識も有しています。


握り方一つ変えるだけで動作が安定したり、怪我の予防にもなります。


もともと握り方が悪かった人は、改善するだけで快適にベンチプレスができるようになりますよ!

ベンチプレスで最適なバーの握り方とは?

結論から言うと、最適な握り方は


①手首を軽く寝かせた状態で②頭脳線の少し下にバーを乗せ③軽く握る


このような握り方です。


①と②については、下記の記事を読むとなぜ良いのかが理解できると思います。


③については、手に余計な力が入らなくなるため、バーの軌道が安定します。


本当に軽く握る感じですね。というか、指先をバーに「添える」感じです。


この握り方は、次の3つのステップを踏むことで実現できますよ。

step1:「頭脳線」にバーベルを合わせる

まず、バーベルを頭脳線の少し下に合わせます。頭脳線とは手のひらの「て」の上の線です。

ベンチプレスで最適なバーの握り方とは?step1:「頭脳線」にバーベルを合わせる


頭脳線に合わせたら、バーベルを真上に押すように力を入れましょう。


バーベルに力が伝わっているかの確認と、バーベルを手に馴染ませるためです。


頭脳線に合わせられていないと、真上へ押した時に力が伝わりにくい感覚があると思います。


後述しますが、これは前腕の延長線上にバーベルがない状態だからです。


この状態で押しても力は伝わりにくいです。

step2:バーを握る

次はバーを握るのですが指先に力を入れず、第三関節だけ曲げて握ります。


握り込むのはNGです

step3:指先をそっとバーに添える

最後に軽めに指先をバーへ添えます。


この手順で握ると「最適な握り方の三条件」がクリアできます。

ベンチプレスで最適なバーの握り方とは?step3:指先をそっとバーに添える


では、詳しいメリットを解説していきます。

この握り方で【胸に効かせやすくなる】

まず、胸に効かせやすくなります。


なぜかというと、手に余計な力が入らなくなるからです。


手に力が入っていると、動作中にバーベルの軌道がブレます。


バーの軌道がブレると、「バーをコントロールすること」に意識が逃げるので、胸を意識しずらいです。


これが胸に効かせやすくなる要因です。

この握り方で【手〜手首の痛みが軽減する】

手や手首の痛みも軽減する可能性があります。


手が痛くなる原因は手首をたてることで、手の付け根に負担が集中するからです。

この握り方で【手〜手首の痛みが軽減する】


逆に手のひらの上の方にバーが有ると、手首を痛める原因になります。

この握り方で【手〜手首の痛みが軽減する】


握り方を変えることで、バーが前腕の延長線上に来るため、手や手首を痛めずにベンチプレスを行うことができます。

この握り方で【手〜手首の痛みが軽減する】


この握り方で【肩の痛みがなくなる】

さらに、肩の痛みも軽減する可能性があります。


手首を立てていると、肩甲骨を寄せて下げる動きがしずらくなるからです。


立ったままでいいので、その場でやってみてください。


手首を寝かせたま肩甲骨を寄せて下げる動きをするのと、立てたままするのとでは、肩甲骨の動かしやすさが全然違うと思います。


この「寄せて下げる動き」が出ることで、肩の負担を減らすことができるのです。


詳しくは、下記の記事を参照ください。


以上が握り方を変えることで得られるメリットです。

まとめ

ベンチプレスにおける最適なバーの握り方
①手首を少し寝かせた状態で

②頭脳線の少し下にバーを乗せ
③軽く握る

得られるメリット
①胸に効かせやすくなる

②手〜手首の痛みが軽減する
③方の痛みが軽減する


握り方一つ変えるだけで大きなメリットがあるんですよね!


いや〜ベンチプレスって奥が深いです!笑


今まで意識していなかった人は、ぜひ意識してみてくださいね!


ではまた今度!さよなら〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました