「今」トレーナーがSNSでマネタイズするための最短ルート



こんばんは、キクティーです!


本日は


「【今】トレーナーがSNSでマネタイズするための最短ルート」


についてお話していきます!


「SNSがビジネスに使える」


この認識はインフルエンサーの登場により広まりました。


そのため多くの人が、各種SNSを駆使してビジネスにつなげようと努力しています。


しかし



「どのSNSから攻めるのが得策か??」


これがわからない人は多いと思います。


ぶっちゃけ職種や目的により変わりますが、ここではトレーナーが稼ぐには何が最適か?


という観点でお話します。



僕はほぼ全てのSNSをやっており、各SNSの特徴もわかるので参考になるはずです。


今ゼロから始めるならどうするか??


を想定して話します。


早速結論から言うと、、、



「短尺動画+Twitter」


で攻めるといいと思います。


短尺動画とは1分以内の動画ですね。


現在tiktokを始めとして、youtubeshortsやinstaのリールなどが人気です。


AIが視聴維持率などを判断して、ユーザーの興味関心が高いようならどんどん拡散されます。



しかも一定回数は最初に再生されるので(tiktokの場合)1発目の投稿からバズることもあります。


だから「認知」が取りやすいのです。


ここで思い出してほしいことは、ビジネスの原理原則です。


①見込み客を集める
②商品の良さを伝える
③商品を買ってもらう
④商品に満足したらリピートしてもらう


この4段階でしたよね。


まずはお客さんを集める、つまり自分のアカウントを「認知」してもらう事が大事です。


①ができない限り②には進まないわけです。


だから一番バズが起きやすい短尺動画を行う必要があるのです。



tiktokもyoutube shortsもリールも、縦動画で1分以内(tiktokは3分まで可)の動画でなければいけないので、全てに同じ動画を投稿できます。


ジャンルについては前回話した通り、ニッチな領域で攻めたいので、例えば「自宅×美背中作り専門トレーナー」とか「50代女性脚痩せ専門トレーナー」とかですね。


ただ全く需要がないと厳しいので、そこはkeyword generatorなどで調べるといいでしょう。


<<free keyword generator


こちらのサイトでグーグル検索の月間ボリュームが調べられます。



googleで月間の検索ボリュームが3桁なければ需要は少ないと考えられます。


例えば「脚痩せ」だと2600回検索されているので、需要はかなりあります。


その下に関連キーワードとして、「脚痩せ マッサージ」などが出てきますが、こちらは月間700回検索されているので、そこそこ需要があります。


なので「脚痩せマッサージ専門トレーナー」でもいけますね。


短尺動画で脚痩せマッサージのやり方をどんどん配信していきます。



美背中だと月間400回検索されているので、そこそこ需要はあります。


この場合「美背中×」はつくらず、美背中オンリーで発信して行っても大丈夫でしょう。


こんな感じでザックリ需要は把握しておくといいです。



あとはSNS上で同じような情報を発信している人のフォロワー数を把握するのも大事ですね。


自分が発信していった先の未来を行く人なので、どこまでフォロワー数を増やせるかがわかります。


基本的に同じジャンルで発信していくなら、フォロワー数はその人を超えることはないでしょう。


そして短尺動画に加えてTwitterを使うのは、質の高い見込み客を確保したいからです。



TwitterはテキストベースのSNSなので、頭が悪くて日本語が読めない層はあまり利用しないで、傾向としては頭が良い人が多くいると考えられます。


加えて気軽に日常のこともつぶやけるので、親近感を持ってもらいやすく、ファンになりやすいです。


さらに①の次のステップである「②商品の良さを伝える」こともTwitterで行うほうが効率がいいでしょう。


各種短尺動画で集まってきた方たちをTwitterに誘導して、Twitterでは商品の良さを伝えるツイートや日常のことを織り交ぜながら、購買意欲を高めていきます。



例えば「脚痩せプログラム」を販売するなら、普段の動画に比べて脚痩せプログラムを使うメリットや、他の脚痩せ商品との違いや、脚痩せプログラムを販売するに至った経緯や想いをツイートしていきます。


これで購買意欲が高まり、ファンにもなってもらいやすいので、商品を紹介すると買ってもらいやすいのです。



これが最速でマネタイズする方法かなと思います。


購入後はリピートをしてもらう仕組みを作ることも大事ですが、マネタイズをすることに特化して考えたら今回の方法がいいでしょう。


詳しいやり方などを話すと長くなってしまうので、ザックリとした解説ですがこれで終わります。



もし


・ビジネス目的でSNSを運用していきたい
・運用しているけど方向性に悩んでいる


と言った方がいれば、LINEの方でメッセージをくだされば気付き次第返信します。


本来相談は別で有料サービスを用意していますが、Magazine購読者様は「簡単な相談」であれば無料でいたします!


お気軽にメッセージください(感想もお待ちしています)。


それではまた次回の配信でお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました